この記事は約 5 分で読めます

  • LINEで送る

金曜ドラマなぎのおいとま第5話の節約レシピまとめました。

 

こんにちは、minamiです。

 

凪と慎二のケンカから始まった第5話。

うららちゃんのパンチからのみすずさんの茶わん蒸し、母子の温かさが画面からもにじみ出ていました。

 

contents(目次)

閉じる

『凪のお暇』第5話のレシピ

 

※レシピはなぎのおいとま公式LINE&公式サイトなどより引用。

 

土鍋茶わん蒸し(みすずさん)

材料 (8号の土鍋1個分)

卵 (M)

500ml (10個)

(A)

  • 出汁

     かつお出汁、1,200ml

    小さじ1

    しょうゆ

    大さじ1

    かまぼこ

    10枚 (3mm厚さのもの)

    しいたけ

    2枚

    三つ葉

    1/2束

 

つくり方

  1. しいたけは石づきを落とし、5mm 厚さに切る。三つ葉は、根の部分を除き、ざく切りにする。
  2. 卵をボウルに割りほぐし (A) を加えて良く混ぜ、ザルでこす。
  3. 土鍋に (2) を注ぎ入れ、(1) をのせ蓋をする。土鍋の入る大きさのフライパンや鍋などに湯をはり、中火〜強火で約1時間、固まるまで加熱する。

 

ちぎりパン

劇中では土鍋を使用しておりましたが、皆さまが調理される場合は、フライパンを使用してください。

 

材料 (26cm のフライパン1個分)

(A)

強力粉

250g

ドライイースト

6g

砂糖

大さじ2

小さじ1

150〜160ml (40℃程度のぬるま湯)

オリーブオイル

大さじ2

(B)

強力粉

125g

ドライイースト

3g

砂糖

大さじ1

小さじ1/2

75〜80ml (40℃程度のぬるま湯)

オリーブオイル

大さじ1

(C)

ゴーヤ

1/6本 (約40g) ワタを除き、3mm の半月切りにする。

ごま油

小さじ2

塩、こしょう

少々

(D)

豆苗

1/6株 (約10g) 根を除き、3cm 幅に切る。

ごま油

小さじ1

塩、こしょう

少々

(E)

くるみ

30g

レーズン

30g

チョコチップ

20g

(F)

白炒りごま

大さじ1

黒炒りごま

大さじ1

 

  • つくり方
    1. (C) を調理する。フライパンを熱し、ごま油を入れ、ゴーヤを加えて炒め、塩、こしょうをする。
    2. (D) を調理する。フライパンを熱し、ごま油を入れ、豆苗を加えて炒め、塩、こしょうをする。
    3. (A) の生地をこねる。ボウルに強力粉を入れて、砂糖とドライイースト、塩を加える。水を徐々に加えていき、オリーブオイルを加えて混ぜ、ひとつにまとまってきたらボウルから出す。たたきつけて、こねるを約100回 (約10分程度) 繰り返す。
    4. 4等分した生地に、(E) を一種類ずつそれぞれと、(2) と (F) を混ぜたものを加えてよく混ぜ、4種の生地にする。丸めてそれぞれボウルに入れて、ラップをして室温 (30度前後) に30〜40分おく。
    5. (B) の生地も (3) と同じようにし、丸めてボウルに入れてラップをして室温 (30度前後) に30〜40分おく。
    6. (4) の生地をそれぞれ取り出し、ガス抜きをし、2等分にしてまるめて、クッキングシートをしいたフライパンの上に並べていく。
    7. (5) の生地を取り出し、ガス抜きをする。4等分にして丸め、まんじゅうを作る要領で (1) とピザ用チーズを 1/4 量ずつ中に入れてとじ、(6) のフライパンに並べていく。
    8. 蓋をして、ごく弱火で20〜25分焼き、クッキングシートをしいて返して、10〜15分焼く。

 

ちぎりパン

写真はイメージです。

 

青い鳥丼(バブルのママ)

材料(1人分)

鶏もも肉

1枚 (約250g)

塩、こしょう

少々

(A)

みりん

大さじ1

しょうゆ

大さじ1

砂糖

小さじ1

 

ごま油

大さじ1

マヨネーズ

適量

白飯

丼ぶり1杯分

水菜

30g程度 (根をおとし、4cm 幅に切る)

青ねぎ

適量 (小口切りにする)

目玉焼き

1個

 

  • つくり方
    1. 鶏もも肉は、6〜8等分に切り、塩、こしょうをする。
    2. フライパンを熱し、ごま油を入れて、(1) をよく焼く。(A) を合わせておいて回し入れ、転がしながら絡める。
    3. 丼ぶりに白飯を盛り、水菜をのせる。(2) をたれも残さず盛り付ける。
    4. マヨネーズを線掛けし、目玉焼きをのせて、青ねぎをちらす。

 

※レシピはなぎのおいとま公式LINE&公式サイトなどより引用。

 

 
凪のお暇 現在6巻
 

そういえば、

 

慎二の部屋にあった復縁本。じっさいには無い、架空のタイトルのようですね、笑。

 

  • 「えがおで復縁したい貴方に贈る」
  • 「絶対復縁7ヶ条」
  • 「やさしさ、思いやり復縁愛の方程式」
  • 「自分の思いを伝える方法ラブ・バイブル」
  • 「信頼しあえる恋人関係をつくるために」
  • 「彼女と復縁する100%の引き出し」

↑こんなタイトル。

 

でも、恋愛や人間関係に悩んだとき、こういう本を片っ端から読んでしまう気持ちは、痛いほどわかります。

 

慎二くん、凪に素直に好きって気持ちを伝えられるといいな。

 

第5話のあらすじ 号泣する男が救いたかったもの

ゴン (中村倫也) に恋をし “闇堕ち” してしまった 凪 (黒木華)。心配した 慎二 (高橋一生) は雨が降る中、凪に会いに行く。しかし、素直な気持ちを伝えられない慎二は、またしても凪を過呼吸に追い込みそうになってしまう。
凪はたまたま通りかかった みすず (吉田羊) と うらら (白鳥玉季) の親子に助けられ、そのまま2人の家に行く。久々にうららの顔を見て、みずずの手料理を食べて、凪は自分がいつからうららと遊んでいないか、いつから自炊をしていないかと考える。一方、慎二は風邪をこじらせながらもスナック 「バブル」 へ行くが、店は2号店開店準備のため閉まっていた。
翌日、凪は 緑 (三田佳子) に誘われてラジオ体操に参加する。自堕落な生活を続けていたため、久々に日差しを浴びてふらつきながらも買い物へ。
その帰り道、ママ友3人とランチしているみずずの姿を見つける。妙な空気を感じ取った凪は、そっと様子をうかがうことに。
そして、自分の部屋に戻り、見渡した凪は、すっかりしおれた豆苗や、相棒の扇風機にタオルがかけられていることに気づく。そこにゴンが訪ねてくるが…。(TBS『なぎのおいとま』公式サイトより引用)

カテゴリー
タグ