この記事は約 5 分で読めます

  • LINEで送る

2017年にNHKで放送していた黒木華さん主演のドラマ『みをつくし料理帖』

たまたま番組表を見ていたらこの10月からjcomで放送が始まっていました。

 

NHKや民放で放送されていた、ちょっと昔のドラマをjcomで放送しているのです。

 

大好きなドラマだったので、また視聴しています。

 

この秋に映画化もされたのですね。

 

でも、できれば同じ役者さんたちで映画化して欲しかったです。映画のキャストさんも好きな俳優さんばかりなんですけどね。

 

そういえば、原田知世さん主演のNHKドラマ「紙の月」も好きだったのに、映画化されたときは宮沢りえさん主演でしたね。

 

第1話で登場したとっ~てもおいしそうだった「はてなの飯(鰹のしぐれ煮)」のレシピをまとめました。

 

やっぱりこのドラマ大好きです。

 

みをつくし料理帖

 

iPadでお絵描き練習中です。人物は似せるのがむずかしいですね。

 

『みをつくし料理帖』第1話「はてなの飯」レシピ

 

こちらのレシピは放送内容と『みをつくし料理帖』公式サイトより引用しています。

 

はてなの飯(鰹のしぐれ煮)

 

材料

300g

生姜

30g

  • 炊きたてのご飯

米2カップ

  • もみ海苔

適宜

  • あさつき

適宜(小口切り)

  • しょうゆ

大さじ3

  • みりん

大さじ3

大さじ2

  • 砂糖

大さじ1

  • 追いみりん

大さじ1

 

作り方

①生姜を3センチの長さに千切りにする。

 

 

②鰹を1.5センチ角の角切りにし、ざるに入れて塩をふる。それをざるごと熱湯に入れて、全体が白くなるまで霜ふりにする。(くさみが抜けて冷めてもおいしいため)。

 

 

③鍋に鰹を入れ、しょうゆ大さじ3、みりん大さじ3、酒大さじ2、砂糖大さじ1を加える。千切りにした生姜を加えて落とし蓋をして鍋を火にかける。少し汁気が残るまで煮付ける。(中火で7~8分をめやすに)。

 

 

④蓋をとって追いみりん大さじ1をまわしかける。「鰹のしぐれ煮」の完成。

 

 

⑤炊きあがったご飯を飯台などにうつして、鰹のしぐれ煮を鍋から煮汁ごと加えよく混ぜ合わせる。

⑥器に盛りつけしたら、もみ海苔とあさつき(小口切り)を散らす。

 

冷めたらお茶漬けにしてもいいそうですよ。

 

わが家では生の鰹で混ぜご飯はよく作るんです。今度、鰹が手に入ったらこのしぐれ煮を作ってみたいです。

 

 

 

カテゴリー
タグ