この記事は約 6 分で読めます

  • LINEで送る

先月の梅雨の晴れ間。大きな茶トラのオス猫がゆったりと我が物顔で歩いているのを見かけた。

 

その猫がオスだとわかったのは、お尻に大きなタ○タ○が見えたから。

 

オスの去勢手術って取っちゃうから、おそらく去勢していない猫さんだよね?

 

これでは野良猫が増えてしまう。

 

 

本当は、猫は好きだけど。

 

猫を飼っていた中高生の頃の私は、毎日鼻水が止まらず、ノミにも刺されてさんざんな学生生活を送っていた。

 

当時、猫を飼う知識がなく、市販の薬を使ってもぜんぜん効果が無かった。

 

いま思えば、大人である母がもう少し考えるべきだったのかもしれないけれど。母もシングルマザーでそれどころではなかった。

 

私はというと、猫アレルギーだとは知らず、耳鼻科に行ったがよくならない。

 

うちの猫は拾ってきてそのまま家で飼い始めて、動物病院に連れて行ったこともなく、猫も家を出たり入ったり自由にしていて(これではノミが減るわけない)。

 

30年以上前はそんな風に飼っていた家が多かったし、それが当たり前だったように思う。

 

いま思えば、うちの猫も近所の野良猫に子どもを作ってしまったり、よそ様に多大な迷惑をかけていたのではと思う。

 

いまは、よほどの田舎でもない限り「猫は家の中で飼う」が主流になったけど。

 

もしもまた猫を飼うことがあれば、家猫として病院にも連れて行ってちゃんと飼いたい、いつか、、という気持ちはあったけれど。

 

自分の不調で動物の世話どころではなく、しかも強力な猫アレルギーだということがわかったので、飼うのはあきらめることにした。

 

ひどい猫アレルギーだと確信したのは数年前のこと。友人の家に遊びに行ったときに、その家の猫をたいして触った訳でもないのに、くしゃみと鼻水が止まらなくなってしまったのだ。

 

帰宅すると翌日から高熱がでて、のどや咳、数週間以上の不調が続いて本当にひどい目に遭った。

 

(発熱は猫のせいではなく、その家の子どもの風邪が移ったのかもしれない)

 

でも、鼻水が止まらなくなってしまったのは事実で、多分、猫アレルギーだろうとは思っていたけれど、そのときやっぱり絶対そうだと確信した。

 

いまはときどき、夫とペットショップの前に行き、可愛いねえと犬や猫を見ているだけで我慢している。

 

そして話は戻って近所の野良猫の話。

 

きょう、玄関を開けると家の庭のすみの暗い方にひょいっと子猫が顔を出して驚いた。

 

このところの長雨続きでちょっとした屋根があって、身を隠すのにちょうどよかったのだろう。ぱっと見た感じは、生まれてから1ヶ月から2ヶ月くらいの大きさではないだろうか?

 

しかも1匹ではない。ガサガサっササっと隠れてしまったけれど、4匹いたように見えた。

 

親猫が見当たらないけど、子猫は生まれてからすぐ親と離されると生きてはいけない。もしかしたら誰かがうちの近所に捨てていったのだろうか?

 

可愛いけれど家では飼えない。せめて私にアレルギーが無ければ飼ってあげたいけれど。

 

どうしたらいいの?

 

カテゴリー
タグ