この記事は約 7 分で読めます

  • LINEで送る

こんにちは、アラフィフのminamiです。

 

私が意を決して「胃カメラと内視鏡」ふたつの検査を同時に行った経緯などをお話します。この検査を受けたことがある人なら「そんなのみんな普通に受けてるし、そんな大げさな~たいしたことないよ~」って言われちゃいそうです。

 

 

現在私は51歳。50代に突入してから、いえいえ40代後半くらいからやらなきゃ、行かなきゃ、でもなあ~っってずっとずっと悩んで後回しにしていたのが「胃カメラ」と「内視鏡」2つの検査です。

 

contents(目次)

閉じる

検査を受けたあとの私

 

最初に、まず結論から言ってしまうと、

 

実際にやってみたら、いとも簡単にあっけなく終わってしまいました。

 

もう何年も前から、あんなに怖くてこわくて避け続けていた検査ですが、鎮静剤を使用するので痛みもなくぼんやりと、人によっては眠っている間に終わってしまうという場合もあるとか。

 

初めての検査で比べようがありませんが、医療は日々進化しているのだということを身をもって実感しました。

 

検査の方法や医師、病院やクリニックによっては、多少の痛みがあったり、まだまだ不快な思いや痛みを伴う場合も多いのだと思います。

 

ネットの口コミがすべてではないにしろ、受けたい病院の情報をリサーチして参考にしたり、実際に検査をしたことがある地元の友人や知り合いに病院の評判をよく聞けば、ご自分に合った病院が必ず見つかると思います。

 

検査を受ける前の私

 

私の周りの友人たちは、40代後半頃から「胃カメラ」や「内視鏡検査」を受け始めていました。みんなこぞって「ぜんぜん大丈夫だからやっといた方がいいよー」と口をそろえて言います。

 

それはわかっている。やった方がいいってことも。やらきゃいけないってことも。

 

何しろ私はバリウムを初めて飲んだのだってついこの間の48歳、遅いデビューです。

 

なぜ今までバリウムを飲んだことがなかったかというと、それまで勤めていた会社の健康診断にその項目がなかったから。

 

それが数年前にパートを辞めることになり、夫の扶養に入ることになりました。それがきっかけで初めて夫の会社の婦人検診を受けることになったのです。

 

検査項目には「胃部レントゲン検査」がありました。これっていわゆるバリウム飲むやつだよね!?ついにこのときが来たかと意を決して受けてみることにしたのです。

 

これまでの経緯を読んでも、こんなこと大したことないよーって思われてしまうでしょうけど、怖がりの私は、「やっぱりこれってバリウム飲むやつだよね!?うわー」とまた当日まで憂鬱になりながら毎日を過ごすことに。それでやっぱり辞めますとかってあり?なんてギリギリまで考えていたくらい。

 

意気地がないっす、大人げないっす、情けないっす。とほほ。

 

でもやっぱり怖いじゃないの。なにしろ私は病院嫌いで子どもの頃から大の苦手。待合室にいるだけで血圧あがっちゃうほど。

 

ありがたいことに、子どもの頃は健康で、あまりお世話になることもなく大人になってしまったけれど。

 

40歳を過ぎた頃から血圧は上がりはじめるし、ここ数年は、更年期とかさまざまな要因があるのでしょうか?とにかくなんだか調子が悪い、太る、ダルイ、やる気が出ない。

 

もしかしてどっか悪いの?って悩めば悩むほど、それもストレスになるからよくないらしい。

 

親戚のおばさんに大腸がんの恐れ!?

 

私の叔母(母の妹)が50代の頃、大腸ポリープが見つかり手術をしたことがありました。幸い悪性ではなかったけれど、そのときの手術は痛みも伴い、たいへん辛かったそうで(母から聞いた話です)その後、母のほか姉妹でこぞって定期的に内視鏡検査に行くようになったのです(ちなみに母は6人姉弟)。

 

当時私は20代後半、子育てに追われていた頃でした。

 

いまはまだまだ先だけど、漠然と

 

50歳前後には一度は検査を受けるべきなんだろうな・・・。

 

悪性かどうかは別にして、手術をするくらいの大きさにもなれば、からだに負担がかかるのはわかりきったこと。検査がどのように行われるのかわからなくても、検査の方が手術よりもずっとずっと簡単で楽に終わるのは間違いない。

 

そのとき叔母は、がん保険が適用されて費用については問題なかったのがなによりの救い。そしていまもお元気です。ホントよかった。

 

血液検査の腫瘍マーカーってどうなの?

 

大腸がんを発見する血液検査、腫瘍マーカーをご存知でしょうか?

 

以前勤めていた会社で申し込みをして(個人でも申し込めます)、料金も安く自分で血を取って送付するだけという非常に簡単な検査です。

 

近所に住む友人のひとりが、たまたま私の会社にパートとして入社してきました。ちょうど検査を申し込む時期で、一緒に申し込むと再検査となりました。すぐに近くのクリニックで内視鏡検査を受けてポリープ切除。医師に「早めに見つかってよかったですね」と言われたそうです。

 

やっぱりきっかけって大事。

 

「たまたま前職を辞めることになって、新しい会社ですぐに検査して見つかるなんてラッキーだったよ。前の会社は血液検査の申し込みとかなかったから」

 

もはやポリープ切除は日常的になりつつあるんですよね。

 

血液検査は簡単で、何度かやっていてもそれでは見つからないことも多いと聞きます。それよりは、それよりは内視鏡検査ということになるでしょう。

 

30代の友人も胃カメラ経験済み

 

若い友人(まだ30代)に言わせると

 

「バリウムまずいし、2次検査になったらめんどくさい、だから最初から胃カメラでいいや」

 

なーんて軽く言います。

 

ええーそうなんか、彼女若いのにもう当たり前に検査やってたんだ(汗っ)。うわー。というのが当時の私の感想です。

 

でも私も検査後、思ったのがこの友人の言うことはもっともで、合理的です。

 

バリウム飲んで胃部レントゲンを撮ったところで、はっきりとは映らないんですよね。しかも私の場合、レントゲンの台に上手くつかまることが出来なくて、技師さんから「ちょっと映らないよそれじゃあ!」なんて怒られちゃいました。

 

夫に話すと「そんな人いないよー」といわれる始末。腕の力がないのか腹筋が無いのかなあ?あの台の上でしっかりつかまることができなくてお腹がちゃんと映らなかったんですよね。そんなまぬけなのって私だけ??

 

で、結果。幽門部不明瞭?で再検査だったかな?で、もうバリウムはこりごり。翌年からは血液検査(ペプシノーゲン検査)を受けるようになり、いずれはちゃんと胃カメラもやらなければならないと感じながら日々過ごしていたのです。

 

もたもたしている自分が歯がゆい、そんなの気にもせずぴょーんと飛び越えていけてる友人がうらやましい。けれど、怖いし、面倒だし、いやだいやだを繰り返しては先延ばしにしていました。

 

胃カメラと内視鏡検査を受けようと決断

 

そんな私がとうとう検査を受けることにしました。

 

じつは春に、食中毒で大変な思いをしたのですね。都内でローストビーフ丼を食べて、家に帰ってお風呂に入っていざ寝るかってときになってなんだか気持ち悪い、、、。

 

もう布団に入っていたのだけど、急いでトイレへ。そして一気に吐いてしまった。普通の胃痛や食あたりならこれでスッキリするはず。

 

なのにここからが大変で、吐いて楽になったかと思えば、また吐き気が。とりあえず脱水症にならないよう、家にあったポカリみたいなのを少し飲み、するとまたまた襲ってくる吐き気、、、。そのくり返しで、その晩は深夜から朝方4時頃までずっと襲ってくる吐き気と闘いながら、トイレ、ポカリ、睡魔をくり返していたのでした。

 

朝方、だいぶ楽になって吐き気は収まりましたが、へろへろです。そんな私に容赦なく夫に「病院行くよ」と連れられて(土曜日だったので)休日診療所へ。

 

胃の薬も処方された頃にはだいぶ良くなっていたし、もう戻してしまったものは流しちゃったので、原因は不明だったけれど、素人判断ですが、症状から考えておそらく黄色ブドウ球菌だったのではないかと。

 

それと私はもともと胸焼けしやすくて、たくさん食べると気持ち悪くなるのです。緊張しやすくて、すぐ下痢もするし。

 

胃炎かなあ、やっぱり逆流性食道炎かなあ?とはうすうす感じていました。ピロリ菌もいるのかも。でもそれってやっぱり詳しく調べるには胃カメラだよね?(ピロリ菌は血液検査で調べられます)はあ~~憂鬱です。「やりたくないよーこわいよー」と散々駄々をこねまくりました。

 

が、夫から「これはやらないといけないよね。だってさあ、これから年取って夫婦で旅行してもおいしいモノ食べられないよ。長生きしないと子どものことだって心配でしょ」と。

 

そうなのです。おいしいものも食べたいけれど、子どものために少しでも長生きしたいんです。

 

夫「市内のあそこの病院なら、上手くてホントに痛くないから大丈夫だから!これを機にいっきに胃も腸も両方検査しちゃいなよ」

 

ホントに?その言葉信じていいの??軽く言わないで~~~。

 

病院へ予約と前日の準備・はじめての胃カメラと内視鏡検査その2へつづく。

 

※こちらのページは、あくまで筆者のかかった病院での体験談です。ほかの病院とは検査の方法、手順などは様々だと思われますので、ご参考までにお読みください。

カテゴリー
タグ